連結送水管

連結送水管とは、消火活動上必要な施設の一つで、消防隊が消火活動を行う際に消火用の水を火災が発生した階まで 送水するために、高層建築物、地下街等に設置される設備です。 送水口、放水口、放水用器具格納箱等から構成されており、火災の際には消防ポンプ自動車から送水口を通じて送水し、 消防隊が放水口にホースを接続すれば消火活動ができるようにした設備です。

連結送水管の設置対象(消防法施行令29条)

防火対象物の(1)項~(18)項 すべてが対象で、下記の いずれか一つが当てはまれば設置対象

  1. ① 地階を除く階数が7階以上
  2. ② 地階を除く階数が5階以上、かつ延べ面積6,000m2以上
  3. ③ 地下街の延面積が1,000m2以上
  4. ④ 延長50m以上のアーケード 道路の用に供される部分を有するもの
    (自走式駐車場の建物、ショッピングセンタ ー屋上駐車場等の自動車の道路)

連結送水管の設置基準(消防法施行令29条1~2項)

送水口の設置基準

  1. ① 双口形とする。
  2. ② 見やすい箇所に標識を設ける。
  3. ③ ホース接続口は、地盤面からの高さが50cm以上、100cm以下の 位置に設ける。

放水口の設置基準

  1. ① 階段室、非常エレベーターの乗降ロビー、消防隊が、有効に消火活動 ができる位置。
  2. ② 建築物の3階以上、又は地階に設ける。
  3. ③ その階の各部分から1の放水口までの水平距離は50m以下、アー ケードは25m以下とする。
  4. ④ 11階以上の部分に設ける放水口は、双口形とし、放水用器具を格納 した箱を設置する。
  5. ⑤ 見やすい箇所に標識を設ける。
  6. ⑥ ホース接続口は、床面からの高さが50cm以上、100cm以下の位 置に設ける。

連結送水管の製品

さらに表示する

消火設備一覧に戻る

CONTACT

お見積もり、ご提案依頼・ご相談など
お待ちしております。

ご依頼・ご相談はこちら