消火器の
回収について

不要な消火器等を回収します!

ヤマトプロテックは、不要になりました消火器等を回収させていただきます。
リサイクル率100%のヤマトプロテックだからできる、環境問題への対策にご協力お願いします。
★自社製品以外のものでも回収させていただきます。

消火器には耐用年数使用期間がございます。
設置されている消火器をチェックしてください。
回収についてのご不明点は、お住まいのエリアをご確認の上、お問い合わせください。

消火器の回収拠点

回収品名(各消火器、移動式粉末消火設備、パッケージ方消火設備など)

回収品名(各消火器、移動式粉末消火設備、パッケージ方消火設備など)

指で拡大できます

環境問題への取り組み

当社では環境問題も防災の一環として据え、日々の研究・開発を進めています。 環境に配慮した消火器・消火設備の製品化、ISO9001・ISO14001取得をはじめ、平成10年にリサイクルセンターを建設し、不要消火器の回収・解体・処分を行ってきました。平成21年には環境大臣から廃棄物処理法に基づく広域認定を取得し、リサイクルを行う環境を整備しました。今では、10型消火器の質量比で100%のリサイクル率を達成し、全ての粉末(ABC)消火器において、エコマークを取得しています。 廃消火器の不法投棄をなくし、法律を遵守した円滑で効率的な廃消火器の回収・リサイクルを進めるため、一般社団法人日本消火器工業会が廃棄物処理法の特例である広域認定制度を取得して、運用しております。

ヤマトプロテックでは様々な環境問題に取り組んでいます。
ヤマトプロテックの環境への取り組み詳細はこちら

環境への取り組み

独自のリサイクルシステム

  • リサイクルシステムによる
    防災コミュニケーション・ネット

    消火器をはじめ防災機器のリサイクルや省資源・省エネルギーを通じて循環型社会への対応を推進しているヤマトプロテックは、運用を防災コミュニケーション・ネットとして捉え、おおよそ右図のような流れで行っています。

  • 「リユース」と「リサイクル」

    回収した粉末(ABC)消火器の「リサイクル」とは、異物や他の薬剤の混入を防ぎ切れない「リユース」とは根本的に発想が異なり、【均質で安定した消火薬剤の製造】を目的とするものです

  • リサイクル率100%※1達成

    「YPリサイクルシステム」によるリサイクル率は、現在100%を達成しています。目標に向け、研究・開発・工程管理などあらゆる部門でたゆまぬ努力をつづけています。

※1 消火器生産数の過半数を占める代表器種[YA-10X]でリサイクル率を見た場合、質量比100%達成しています。

消火薬剤リサイクルフロー

お客様から回収した消火薬剤は販売店・支店・営業所からリサイクルセンターででサイクル原料化され、大阪工場で循環生産し、それらまた販売店・支店・営業所へと出荷され、お客様へ販売されます。

消火薬剤リサイクルフロー