各種設備改修工事

万が一の火災に備えて消防設備の計画的な
改修・リニューアル工事が不可欠です。

ヤマトプロテックでは、建物・設備のライフサイクルに対応した消防用設備のメンテナンス&コンサルタントをご提案。建物トータルで、設置している消防用設備の情報をデータベース化し、適切な時期にリニューアルをご提案いたします。
未警戒期間を排除するための「耐用年数が来る前の部品交換」や、状況に合わせたレベル設定による「予算の立てやすい改修提案」など、どのようなことでも気軽にご相談ください。

消火設備機器は万一の火災に備えて常に警戒状態にあり経過と共に劣化します。

消火設備機器対応年数の目安

機器名 期間 注記







閉鎖型スプリンクラーヘッド 18~20年 *サ
感知用ヘッド 8~10年 *サ
泡消火薬剤 たん白 8~10年 *サ
水成膜 8~10年 *サ
合成界面活性剤 8~10年 *サ
送水口 18~20年 *オ
消火栓開閉弁 18~20年 *オ
泡消火薬剤貯蔵層 18~20年 *オ
フォームヘッド 18~20年 *オ
機器名 期間 注記
一斉開放弁 17~20年 *オ
流水検知装置 湿式 18~20年 *オ
乾式 17~20年 *オ
予作動式 17~20年 *オ
ポンプ 18~20年 *オ
ポンプ制御盤 18~20年
ジョッキポンプ(補助加圧装置) 18~20年 *オ
コンプレッサー 17~20年
炭素鋼鋼管(白) 20~25年






不活性ガス貯蔵容器、容器弁 18~20年 *容
ハロゲン化物貯蔵容器、容器弁 18~20年 *容
容器弁開放装置 電気式 18~20年
ガス式 18~20年
放出弁開放装置
(粉末)
電気式 18~20年
ガス式 18~20年
圧力計 8~10年
粉末貯蔵容器
容器弁、放出弁
蓄圧式 18~20年
加圧式 18~20年
定圧作動装置(粉末) 18~20年
圧力調整装置(粉末) 17~20年 *オ
粉末消火薬剤 8~10年 *サ
加圧用ガス容器、容器弁 18~20年 *容
起動用ガス容器、容器弁 18~20年 *容
起動用ガス弁
開放装置
電気式 18~20年
ガス式 18~20年
選択弁 18~20年 *オ
選択弁開放装置 電気式 18~20年 *オ
ガス式 18~20年 *オ
配管安全装置 18~20年
閉止弁 18~20年 *オ
手動起動装置 13~15年
連結管 銅管 13~15年
フレキ 18~20年
ゴム 8~10年
音声警報装置 テープ式 13~15年
電子式 13~15年
放出表示灯 18~20年
制御盤 リレー式 17~20年
電子式 13~15年
蓄電池 4~5年
鉛シール 2~3年
ニッカド 4~5年
アルカリ 10~12年
蓄電池設備充電部 13~15年
噴射ヘッド 18~20年
移動式(粉末・ガス)消火設備 16~20年 *オ
炭素鋼鋼管(白) 20~25年
機器名 期間 注記







閉鎖型スプリンクラーヘッド 18~20年 *サ
感知用ヘッド 8~10年 *サ
泡消火薬剤 たん白 8~10年 *サ
水成膜 8~10年 *サ
合成界面活性剤 8~10年 *サ
送水口 18~20年 *オ
消火栓開閉弁 18~20年 *オ
泡消火薬剤貯蔵層 18~20年 *オ
フォームヘッド 18~20年 *オ
一斉開放弁 17~20年 *オ
流水検知装置 湿式 18~20年 *オ
乾式 17~20年 *オ
予作動式 17~20年 *オ
ポンプ 18~20年 *オ
ポンプ制御盤 18~20年
ジョッキポンプ(補助加圧装置) 18~20年 *オ
コンプレッサー 17~20年
炭素鋼鋼管(白) 20~25年






不活性ガス貯蔵容器、容器弁 18~20年 *容
ハロゲン化物貯蔵容器、容器弁 18~20年 *容
容器弁開放装置 電気式 18~20年
ガス式 18~20年
放出弁開放装置
(粉末)
電気式 18~20年
ガス式 18~20年
圧力計 8~10年
粉末貯蔵容器
容器弁、放出弁
蓄圧式 18~20年
加圧式 18~20年
定圧作動装置(粉末) 18~20年
圧力調整装置(粉末) 17~20年 *オ
粉末消火薬剤 8~10年 *サ
加圧用ガス容器、容器弁 18~20年 *容
起動用ガス容器、容器弁 18~20年 *容
起動用ガス弁
開放装置
電気式 18~20年
ガス式 18~20年
選択弁 18~20年 *オ
選択弁開放装置 電気式 18~20年 *オ
ガス式 18~20年 *オ
配管安全装置 18~20年
閉止弁 18~20年 *オ
手動起動装置 13~15年
連結管 銅管 13~15年
フレキ 18~20年
ゴム 8~10年
音声警報装置 テープ式 13~15年
電子式 13~15年
放出表示灯 18~20年
制御盤 リレー式 17~20年
電子式 13~15年
蓄電池 4~5年
鉛シール 2~3年
ニッカド 4~5年
アルカリ 10~12年
蓄電池設備充電部 13~15年
噴射ヘッド 18~20年
移動式(粉末・ガス)消火設備 16~20年 *オ
炭素鋼鋼管(白) 20~25年

【上記期間の基点は設置後の年数とする】
社団法人日本消火装置工業会 平成19 年3 月 日消装発第5号

注記(*オ): 状況によってオーバーホールを伴います。オーバーホールの時期は設置後おおよそ10 年毎を目安にしますが、その期間および方法等については各メーカーにお問い合わせください。
(*サ): 状況によってサンプリング調査を行います。
(*容): 高圧ガス保安法に基づく容器再検査に合格すれば、容器は継続使用も可能です。

消火設備 10年~20年

【参考】(一社)日本消火装置工業会資料

消防法に定められた点検と報告が必要です。半年に1回の点検を!詳しくは対応年数一覧表を参照してください。

  • 泡消火ヘッド泡消火ヘッド
  • マイクロフォグマイクロフォグ
  • スプリンクラーヘッドスプリンクラーヘッド
  • ボンベ室ボンベ室

消火器 8年~10年

【参考】(一社)日本消火器工業会資料

8年~10年での交換を推奨していますが、サビや変形があると見られる場合は、使用すると危険です。直ぐに交換が必要です。

  • 腐食した、使用に耐えない消火器腐食した、使用に耐えない消火器
  • ABC粉末消火器 強化液(中性)消火液 機械泡(水成膜)消火器

    ABC粉末消火器強化液(中性)
    消火液
    機械泡(水成膜)
    消火器

消防用ホース 10年

【参考】(一社)日本消防ホース工業会資料

使用しない状態での耐用年数はおおむね10年。使用した場合の破断圧力データを元にした耐用年数は6~7年です。

避難ハッチ(鉄製) 約20年

設置年数にかかわらず、定期点検時に損傷や劣化があると判断された場合は、安全に避難するためにも直ぐに補修・改修が必要です。

  • 錆によって劣化したハッチ錆によって劣化したハッチ
  • 非常用避難口改修用レクスター非常用避難口改修用レクスター

消火栓設備の改修例

消火栓設備の改修例

移動式粉末消火設備の改修例

移動式粉末消火設備の改修例

泡消火設備(ラバーパック)交換

泡消火設備(ラバーパック)交換

自動火災報知設備(煙感知器)交換

自動火災報知設備(煙感知器)交換

既設の自動火災報知設備機器の更新について
【参考】(一社)日本火災報知機工業会資料

  1. 主要機器について

    下記の主要機器の記載年数は、設置後の更新を必要とするおおよその期間であり、修復等の対応期間ではありません。

    • 受信機 15 年
    • 煙式感知器 10 年
    • 熱式感知器(半導体式) 10 年
    • 熱式感知器 15 年
    • 発信機 20 年
    • 地区音響装置 20 年

    ※電子機器部品を多用していない機器

  2. 設定上の条件
    • (1)適切に定期点検が実施され、機器の設置環境に支障がないこととします。
    • (2)設置場所において、風水、塩分、腐食ガス等の影響を受ける場所、その他設置環境の厳しい場所に設置される機器については、上記1の記載年数は状況に応じて短くなる場合があります。
  3. 型式失効制度との関係

    型式失効制度とは検定規格が改正され、既に型式の承認を受けていている機器の性能が新しい検定規格に適合していない場合、当該機器を型式失効とする制度であり、特定の防火対象物に設置された機器は一定の期間内に取り替えなければなりません。
    標記の「更新について」は、型式失効に関係なく、全ての機器の取換えのお勧めです。

詳細はこちらの資料
メンテナンスサービスガイド
をご参照ください。

PDFを見る

CONTACT

お見積もり、ご提案依頼・ご相談など
お待ちしております。

ご依頼・ご相談はこちら

CONTACT

お見積もり、ご提案依頼・ご相談など
お待ちしております。

ご依頼・ご相談はこちら