ニュース

2022年3月15日

商品・サービス

共同住宅用スプリンクラー配管における「パラソループ工法™」の開発・適用 -配管敷設作業の省力化で生産性が20%向上-

ヤマトプロテック株式会社(本社:東京都港区白金台五丁目17番2号、代表取締役社長 佃 正博)は、三井住友建設株式会社(東京都中央区佃二丁目1番6号、社長 近藤  重敏)および三井化学産資株式会社(東京都文京区湯島三丁目39番10号、社長  橘  明宏)と共同で、共同住宅におけるスプリンクラー配管の「パラソループ工法™」(※)を開発し、都内で施工中の(仮称)南大塚Ⅳ計画建設工事(事業主:株式会社サンケイビル)の一部住戸に適用しました。

本工法は、天井スラブ面に敷設するスプリンクラーの主配管をループ状にするもので、在来工法(ヘッダー工法)と比べて配管長を約40%削減し、敷設作業の省力化により生産性が約20%向上しました。

 

(※)特許出願中

  

【パラソループ工法(左)とヘッダー工法(右)の比較】

 

 

🔹パラソループ工法の特徴🔹

特長1 配管敷設作業の省力化

ループ状の主配管により配管長が約 40%削減でき、天井スラブ面に敷設する作業員の負担が軽減。

敷設作業の省力化は、今後懸念される担い手不足や作業員の高齢化対策にも有効。

 

特長2 遮音壁貫通部処理の省力化

ヘッダー工法では水回りの遮音壁を貫通させる配管が多いため貫通部の遮音処理に多くの時間を要しておりましたが、本工法ではループ状にした主配管の2箇所だけのため、貫通部処理の省力化が可能。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

>>> ニュースリリース