ニュース

2022年5月17日

商品・サービス

文化財への納入として“初”の試み 歴史的財産を火災から守る“自ら消火する”革新的な建材「K/SMOKE PANEL」『西国第五番札所 葛󠄀井寺(フジイデラ)』へ納入

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマトプロテック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 佃 正博)は、

国宝をご本尊とする、西国第五番札所 葛󠄀井寺(大阪府藤井寺市藤井寺1-16-21)へ

“自ら消火する”革新的な建材K/SMOKE PANELを3月28日(月)より納入しました。

 

 

 

 

 

                                                          【本堂(左)本堂の漆喰壁】

下地処理後、K/SMOKE PANELを糊着。仕上げに漆喰調の粘着剤付化粧シートを採用。

 

 

 

 

 

          

                           【護摩堂(左)護摩堂の天井(右)】

下地処理後、K/SMOKE PANELを糊着。仕上げに木目調および漆喰調の粘着剤付化粧シートを採用。

 

今後もスプリンクラーなどの消火設備が設置不可能な場所への展開を拡大し、

2019年10月に発生した首里城火災のような広範囲に及ぶ消失を防ぐことで、

歴史的資産を守る新たな手段の普及に貢献します。

 

一度失うと二度と取り戻すことのできない、貴重な文化財をはじめとした財産を

災害によって消失させないためにも、K/SMOKE PANELの提供を進めてまいります。

 

🔹K/SMOKE PANELの特長🔹

特徴1 軽量で薄いシート状

様々な建材、設置場所に適応可能

 

特徴2 300℃を超えると自動で作動

煙状のカリウムが放出され、燃焼サイクルを断ち切り、無人で初期消火

 

特徴3 スピーディーな消火

少量の薬剤かつ短時間で、絶大な効果を発揮することを実証

 

 

 

 

 

 

 

詳しくはこちらをご覧ください。

>>> ニュースリリース